精力剤の原料、成分

精力剤としてのオルニチンの効果と副作用とは?

オルニチンの精力剤の効果

オルニチンというと、「しじみ」に含まれている健康有効成分としてお馴染なのではないでしょうか。

「しじみの成分」と聞くと、皆さんはまず「肝臓に良い!」というイメージを思い描くのではないでしょうか。

そのイメージの通り、オルニチンは肝臓の機能をサポートするアミノ酸です。

それに加えて、実は精力増強、性欲回復を目指している男性に心強い効果も期待できる成分です。

そんなオルニチンの基本情報と効果、副作用をわかりやすくまとめました。

オルニチンとは?

私たちの体内でも生成されている非必須アミノ酸であり健康体であれば、あえて意識して食事などより外から補う必要はありません。

しかし、ご存じの通り、肝臓を含めて人間の身体の組織のすべては加齢により機能が低下してしまいます。

したがって、肝臓の負担を減らし肝機能を高いレベルに維持していくことは重要です。肝臓は、人が生きていくためには極めて重要な臓器なのですから。

それでは、ここで簡単に肝臓の働きについてご紹介しておきましょう。

肝臓の働きは大きく3つ、「代謝」「解毒」「担汁の瀬尾生成・分泌」です。

まず「代謝」ですが、食事で摂った、糖質、たんぱく質、脂質といった三大栄養素を身体の活動に必要な成分へと代謝して血液によって必要な組織へと届けます。

次に「解毒」、これは身体に有害となるものを無害な物質に変換するという働きです。腸や脳、腎臓などで人が生きていくために必要な活動がおこなわれるとアンモニアが生成されます。

アンモニアは人の身体にとって有害な成分です。こうしたアンモニアや老廃物、その他の有害物質を分解し無毒化します。

肝臓というとアルコールばかりがとりただされますが、アルコールも肝臓によって解毒されるものの1つに過ぎません。

しじみの味噌汁が悪酔いや二日酔いの防止、改善に効くのはこの解毒効果ということですね。

同様に「薬」も肝臓で分解されます。

最後の胆汁についてですが、肝臓は胆臓・胆嚢に働きかけ、脂肪の消化吸収に欠かせない胆汁の生成・分泌を司ります。

といったように肝臓は私たちが生きていくために極めて重要な臓器であり、その肝臓の様々な働きにとって必要不可欠なのがオルニチンなのです。

参考:オルニチンとは(オルニチン研究会)

オルニチンの精力増強効果

ご紹介してきたように、オルニチンは肝臓の働きにとって欠かせない重要なアミノ酸であり、肝臓の働きはヒトの活動を支えるこの上なく重要なものです。

実は肝機能の低下が精力減退の理由の1つにもなっているといわれています。

通常の活動の中で発生するアンモニアの解毒や食べた物の代謝、胆汁の生成・分泌を行う限りにおいては、

何らかの疾病や加齢による機能低下を除いては、肝臓の働きはキャパシティ内に保たれ、オルニチンも必要量が生成されます。

しかし、アルコールの摂取や喫煙などが行われると、その解毒に肝臓のキャパがそちらの解毒に回されてしまうため、肝臓はオーバーワークとなり、そのためより多くのオルニチンの助けが必要となります。

つまり、体内で生成されるオルニチンでは足りなくなり、肝機能の低下→精力の低下を引き起こしてしまうのです。

この不足を補うためには、体外からオルニチンを摂取することが必要となりますが、不足分をシジミで摂取しようとするならとてつもなく大量のシジミを食べなくてはなりません。

ですから、サプリ円となどで摂取する方が現実的であり、有効だと言えます。

オルニチン不足を起こす前からオルニチンを摂取することも有効です。というのもオルニチンが肝臓の働きを助けますから、肝臓の負担を軽減し、肝機能を向上させますので、精力増強にも効果が期待できるのです。

 

精力面に関してオルニチンに期待できることはそれだけではありません。

先ほども説明したように、肝臓の大切な働きの1つは毒素であるアンモニアの分解です。

この働きは、アンモニアを分解して無毒である「尿素」へと変換するシステムであり、「尿素回路」と呼ばれています。そして、尿素回路は「オルニチン回路」とも呼ばれ、そこで中心的な働きを担っているのが他ならぬオルニチンなのです。

オルニチン回路について少しご紹介しておきましょう。

この回路では3種類のアミノ酸「オルニチン」、「アルギニン」「シトルリン」が順番に変体しながら循環していく回路を形成し、その循環の過程でアンモニアを尿素へと無毒化していきます。

つまり、オルニチンが不足すると、そこから生成される「アルギニン」や「シトルリン」も不足するということになります。

「アルギニン」や「シルトニン」には、精子の製造量を増やしたり、血流を良くすることで勃起の質を高めたり、性的興奮を勃起に結び付けるといった精力増強効果があることが知られていますので、

オルニチンの摂取は、体内の「アルギニン」や「シトルリン」の量を増やすこととなり、こうした面でも精力増強効果が期待できるのです。

オルニチン性力剤の効果

オルニチンの副作用について

結論から先にお伝えしますと、オルニチンの副作用について心配する必要はほとんどありません。

というのも、そもそも過剰摂取という状態が起こりにくいのです。

オルニチンは「遊離型」と呼ばれるもので、体内に堆積されることなく、余った分は、尿と一緒に体外に排出されます。

そうなると、「じゃあ、一時に大量に摂取するとどうなるの?」と思われるかもしれませんが、心配する必要はありません。

オルニチンの1日の必要量は目安としては400mg~1,500mgといわれていますが、400mgの量をシジミで摂取しようとすると、シジミ2.6kgもの量を食べなくてはなりません。

また「オルニチンを毎日5~7gほど摂取し続けたが副作用は出なかった」という報告例もあり、サプリメントだと食物から摂取するより大量に摂取できるとはいえ5gの量をサプリメントで摂取するということは現実的には考えにくいことです。

ただし、副作用の心配はないとされているどのような成分のサプリメントデあっても、人によっては摂取過剰で腹痛などの不調を起こすことはあります。

腹痛を起こしやすい人は「特に」ですが、そうでない人でもサプリメントなどをご利用になる場合には用法・用量をしっかり守るようにしましょう。

オルニチンサプリやオルニチン入りの精力剤であれば、一日分の規定量を飲んでいれば副作用の心配はありません。

 

オルニチンを効果的に摂り入れる方法

オルニチンはしじみに多く含まれていますが、毎日しじみを必要量食べるというのは現実的ではありません。

今はサプリメントで手軽にオルニチンを大量に摂取できますので、健康維持や精力アップを目指してるのであればオルニチン入りのサプリを継続的に飲むという方法が一番良いでしょう。

 

しかし残念ながら、現在日本で入手できる精力サプリの中では、オルニチンが充分量配合された精力剤は販売されていません。

本気で精力や性欲アップに興味があるなら、返金保証つきで口コミでも一番人気の精力サプリのペプチアを一度試してみることをオススメします。

コンビニの精力剤ペプチア

現役の泌尿器科、メンズヘルス専門医が監修&開発したサプリで、

主原料はランペップ、マカ、亜鉛、バイオペリンと、特許成分を配合しています。

しかもマカは普通のマカではなく「マカックス」と言う、より吸収されやすい高品質なマカを使用し、亜鉛も「グルコン酸亜鉛」を使用するという徹底ぶり。

ペプチア特許成分

当然ながら配合量もきちんと明記し、安全性も保障されています。

私は今まで通販で入手できる精力剤だけでも30種類以上の精力剤の効果を試してきましたが、

値段に見合った効果があるかどうか、原料のクオリティ、口コミ評価の平均値、副作用の有無、保証やサポートの質など総合的に比較して、

現在リピートして使用しているのはこのペプチアだけです。

ペプチア効果

他にもオススメできるレベルのものはいくつかありますが、現行の精力剤で一番【信頼でき、効果も間違いない】サプリということは自信を持って言い切れます。

もちろん自分で徹底的に調べて、納得した上で購入するのが一番ですが、

変な精力剤を買ってしまって損をしたくないという方はまずは返金可能なペプチアを試してみるという方法が一番安心かと思います。

 

ペプチアの詳しい体験レビューも載せていますので、少しでも興味を持った方はご一読していただければより凄さがわかるかと思います。

ペプチアの口コミレビューはこちら

皆がリピートして使っている人気精力剤を、実際にリスク無しで試すことができますので、まずは試しにという感覚で一度取り寄せて飲んでみることをおすすめします。

 

ペプチアの公式サイト

 

この他にも、私が今まで飲んできた50種類以上の精力剤の中でも、特に効果があって口コミが好評な精力剤をランキングにまとめました。

こちらも合わせてご覧いただきますと、より理解が深まるかと思います。

 

 

精力剤 口コミ&効果ランキング